僕のドキドキ冒険記IV ~甦る邪神ンダバー~ その2
8月22日から始まって3週間開催されたイベントも今日で終了。
微光(初級)のみを周回し、しかも1度も4階へ行くことはありませんでした。
※3階までの各ボスは何度か倒しています

それでも紫オーラ宝箱が何回か出現したのでゴッズ装備がいくつか手に入りました。
エンチャントの方は微妙だったので大した事ないけど、使えない訳ではないのできっとどこかで使用する機会があるでしょう。
そんなこんなで普段使うキャラのBaseLvだけは10~20ほど上がりました。
2PCで周回する時にプリが欲しい時が何度かあって、永らく放置していた殴りプリ(Lv82)がABになってしまうくらいには上がりました(笑)


そんな訳で懸案だったホムンクルスの親密度の件。
当初調べたところでは昨年は最大6回と記述しているサイトがあったのですが、昨年のイベント時のRO公式ブログに最大18回という記述を見つけました。

170912.jpg
引用元:ラグナロクオンライン公式ブログ

今年は特に記述ありませんが、使い回しイベントということを考えるとたぶん同じ回数でしょう。
とりあえず5回やったら親密度が普通→親しいへ上昇しました。

1000÷16回=55.555 → 55.6×18回=1000.8 の計算なので 55.6×5回=278 上昇したことになります。

10,000メテオロン使ってたったのこれだけしか上がらないのは割に合わない気がします。
四六時中張り付いてイベントMD周回できる人は、今となってはそう多くはないと思います。
せめて5,000メテオロンくらいなら18回という試行回数を回せない事もないかと。
それに研鑽の書も最低5個単位でしか交換できないので、実質5,000メテオロン必要です。
師匠(NPC)へ渡す時に1個・5個・10個と選択できるのだから、1個単位で交換できても良いのでは?
でもまぁそれでも地道にエサやりで上げるよりは速いので有り難いと言えば有り難いのですが。

あと不満があるとすれば、せっかくLv160までのキャラ育成をターゲットとしているのに3次職はJobなしなのはアホなのかな?
転生2次職まではJobも入るので新規キャラ作成にはもっていこいなだけに残念な仕様になっています。
レベル上げ目的のイベントでJob難民を大量に作ってどうするのでしょう??
これでは月末から始まる「深淵の回廊 ~王城に棲まう龍~」Season2への布石になっていないと思うのですが。
もしかしたらこのイベントでJob上げろってコトなんですかね?(苦笑)
スポンサーサイト
【2017/09/12 10:15】 | ラグナロクオンライン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
僕のドキドキ冒険記IV ~甦る邪神ンダバー~
最近は人がそれなりにいる時は休止前に同じギルドに居た人等にマランMDやジタバグMDに連れて行ってもらっています。
おかげであんまり狩りしていなくても、レベルはそこそこ上がっていたり。
ジェネが思ったより強かったのは誤算。とうとうABよりレベルが上になってしまいました。

170901a.jpg

170901b.jpg

とは言ってもまだLv120台なので高効率MDへ行くことはできないのですが。

そんな折、8月22日(火)の定期メンテナンス後から「僕のドキドキ冒険記IV ~甦る邪神ンダバー~」が始まりました。
今年で4回目らしいですが、初参加なので詳しいことはよくわかりません。
とりあえずLv160までは経験値いっぱいもらえる(3次職はJob経験値なし)ので、少し気合入れたらかなりレベルが上がりそうです。
でも私が一番注目しているのは10,000メテオロンでホムの親密度が上げられるサービス。

経験値テーブルの見直しでレベルはすぐに上がるのですが、親密度の上昇はむかしのままなのでなかなかMAXになりません。

170901c.jpg
※満腹度は1分間で1%減少。餌を1つ上げると10%上昇。親密度はそのときの満腹度に応じて上下する

170901d.jpg
※満腹度が10%以下になると20秒毎に親密度が0.1ずつ減少していき、満腹度が1%になると親密度減少速度が2倍になる。
親密度が0になるとホムンクルスは消滅する

親密度上昇量を必ず 1 上がるように調整してエサを与えてもMAXになるのに約167時間かかります。
今までのイベントでは親密度最低値でも6回このサービスを受けるとMAXになっていたとのこと。
なので期待して1回やってみたのですが普通→普通で何の変化もありませんでした。
もう1回やったら1ランク上がるのでしょうか??
メテオロンを10,000貯めるの割と面倒なんだけどなぁ。
【2017/09/01 20:33】 | ラグナロクオンライン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |