FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
新マシン(トラブル解決編)
クリーンインストールして、しかもソフトが全く入っていない状態なのにも関わらずトラブルが起きていた新マシンですが、ようやく原因が特定できました。


WindowsXPにSP3を適用すると不具合が出る


単純な内容ですが…いや、サービスパックを適用してトラブルが発生したらダメだろ。マイクロソフト。
お陰でXPのインストールを3回もやってしまったじゃないかっヽ(`Д´)ノ
SP2の時もそうでしたが、普通に作業して不具合が出るパッチってどーなんだろ?
まぁマイクロソフトだからしょーがないんですか。そーですか(´・ω・`)


取りあえず1個目の不具合は

SP3適用後にWindows UpdateとMicrosoft Updateで更新プログラムはダウンロードされるがインストールできない

というものでした。
こんな現象が発生するとはふつー思わないんですが…。
なので、そういった不具合が出ることを判りやすい場所に表示しておいて欲しいものです。
エラー表示は「パソコン側が悪い」と出るだけで、「問題が発生する恐れがある」という情報を直接得られなかったのも、原因特定に時間を要した原因ですね。
すぐに検索して調べなかった私も悪いのですが、このような大事な内容は作業開始前に情報を得られるようにするのが常識だと思います。
(見落としていたらすまん)
しかもサポートページを読むと「まれに発生する」みたいなニュアンスなのですが、私の環境では100%発生しました。


2個目は

Windows Live Messengerのインストールができない

これは1個目の不具合と現象を勘違いしやすい内容でした。
1個目の不具合を修正したにも関わらず現象が発生するので混乱したとか、サポートページが見つけられなかったとかありますが、原因があまりにもお粗末すぎてすぐに思いつかなかったのが1番大きいかと。

内容ですが、WindowsXP SP2をインストールすると勝手にWindows Messengerがインストールされます。
ですが、これが入っていると原因不明のエラーが発生してLive Messengerがインストールできません。
もし「Live Messengerのインストールができない」という人がいたら、一度アンインストールしてみてください。
メンバー登録情報とかはメッセのサーバー側で持っているので、削除してしまっても特に不都合はないと思います。
ただしログ等を保存している場合は適当なフォルダを作成して、必要なファイルを退避させておいた方が良いでしょう。
手順は追記にまとめておきます。


そんな訳で2日分の作業時間がまるまる潰れてちょっと萎え気味。
今週中に元通りの状態まで復元するのは難しいかも知れないなぁ…(´・ω・`)



続きは不具合内容と対策のメモ。
不具合1:http://support.microsoft.com/kb/953541(サポートページ)
※必要な部分のみ抜粋

★現象
Microsoft Windows XP Service Pack 3 (SP3) をインストールした後に Windows Update、Microsoft Update、または自動更新を実行すると、更新プログラムはダウンロードされますが、正常にインストールされない場合があります。

★回避策
この現象を回避するには、以下の手順を実行してください。

★手順 1 : Windows の Wups2.dll ファイルを登録する
Windows の Wups2.dll ファイルを登録するには、次の手順を実行します。

1. 自動更新サービスを停止します。
 a. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
 b. [名前] に cmd と入力し、[OK] をクリックします。
 c. コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

net stop wuauserv

2. Wups2.dll ファイルを登録します。
 a. コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

regsvr32.exe %windir%\system32\wups2.dll

 b. 確認のメッセージが表示されたら、その都度 [OK] をクリックします。

3. コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、Enter キーを押して自動更新サービスを開始します。

net start wuauserv

4. コマンド プロンプトで exit と入力し、Enter キーを押してコマンド プロンプトを終了します。

5. Windows Update、Microsoft Update、または自動更新から、更新プログラムがインストールされるか確認します。

6. 終了



不具合2:サポートページなし?

★現象
Windows Live Messengerのインストールができない。

★原因
Windows Messengerがインストールされているとエラーが発生する。

★回避手順
不具合を回避するには以下の手順を実行する。

1.Windows Messengerをアンインストールする。
 a. [コントロールパネル]を開く。
 b. [プログラムの追加と削除]をクリックする。
 c. 左側に表示されている[Windowsコンポーネントの追加と削除]をクリックする。
 d. 右側にインストールされているソフトの一覧が表示されるので、Windows Messengerの項目を探す。
 e. Windows Messengerの項目にある[チェックボックス]のチェックを外す。
 f. [次へ]をクリックする。
 g. Windows Messengerのアンインストールが始まるので、終了するまで待つ。
 h. [プログラムの追加と削除]を閉じる。
 i. [コントロールパネル]を閉じる。

2.パソコンを再起動する。

3.起動したら[スタート]にWindows Messengerが登録されていない事を確認する。

4.終了
スポンサーサイト
【2008/09/02 11:59】 | PC関連 | コメント(2) | page top↑
<<9/7(第223節)攻城戦記 | ホーム | 新マシン>>
コメント
『ただ、E8400等の45nmプロセスの物とWindowsXP+GeForce9xxxの組合せで同期落ちが発生する不具合があります。』

>>>まさにうちのPCがその組み合わせです。
露店放置が1晩もたない!!!
もうちょっと早くこのブログを見とけばよかった!!1

【2008/09/04 00:53】 URL | rairai #SFo5/nok[ 編集] | page top↑
>来々さん
あらー。なむです(^_^;)ゞ
取りあえず原因を知る事ができただけでも価値があったかな?
つか、この不具合まだ直っていないんだ?

【2008/09/05 09:13】 URL | ほのか #uFn7kyGQ[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。